映画と人、人とまちが繋がることを目指して vol.1

「映画のまち調布」のイベント紹介、コラム等、調布市内の様々な映画・映像に関連する情報を掲載します。
第1回目は「映画のまち調布」の歴史について紹介します。

調布はなぜ「映画のまち」なのか?


つくり手が集まるまち
調布市内には、現在も2 つの大きな撮影所をはじめ、映画制作会社や美術会社、ポストプロダクションなど40 社以上の「映画のつくり手」が集まっています。そのきっかけとなったのは、1933 年に、日本映画株式会社が京王電気軌道多摩川原駅(現在の京王多摩川駅)前に開設した多摩川撮影所でした。

映画づくりに適した環境があるまち
後に調布市長となり、「カツドウヤ市長」と呼ばれた本多嘉一郎の回想によると、調布には、「時代劇・現代劇どちらの撮影にもふさわしい自然環境やフィルムの現像に欠かせない良質な地下水があった。」とのことです。

3つの撮影所~ 東洋のハリウッドと呼ばれるまち
1934 年、関東大震災で被災した向島撮影所に替わる撮影所用地を探していた日本活動写真株式会社が多摩川撮影所を買収、「日活多摩川撮影所」が開設されました。
1942 年に、国策により日活の製作部門と新興キネマ、大都映画が合併して「大日本映画製作株式会社(大映)」が設立されると、日活多摩川撮影所は「大映撮影所」になりました。
戦時中、映画の配給を行っていた日本活動写真株式会社は、日活株式会社に社名を変更、中断していた映画製作の再開を決定し、調布町下布田(現染地2 丁目)に新たに撮影所用地を取得すると、1954 年3 月に東洋一を誇る撮影所が完成しました。
1955 年代の日本映画全盛期には、大映、日活に加えて独立プロダクション系の株式会社調布映画撮影所(現多摩川2 丁目あたり)で映画が制作されるようになりました。
3 つの撮影所が立ち並び、いよいよ映画製作が活況を呈する―調布が「東洋のハリウッド」に例えられた由縁です。

旧日活・大映村(提供:旧日活・大映村の会)

映画のまちとしての今
調布市内では、現在も市内の映画・映像関連企業と連携し、様々な世代に合わせた特色ある映画・映像関連イベントを実施しています。イベント情報は、随時、調布市文化・コミュニティ振興財団HP調布観光ナビWEBサイトで紹介します。

調布市内の映画・映像企業についてはこちら→「映画のまち調布ガイドブック」

こちらから「映画のまち調布歴史年表」をご覧いただけます↓

※ダウンロード後、拡大してご覧ください

その他のイベント

お問合わせ
contact

公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
文化・コミュニティ事業課 文化事業係

042-441-6150

042-441-6160

bunka@chofu-culture-community.org