第3回映画のまち調布賞(受賞者は2021年1月中旬発表)

主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社といった「映画のつくり手」に贈る賞です。
映画・映像関連企業の集積する「映画のまち調布」にふさわしい映画賞として、映画文化、芸術、産業の振興に寄与した映画・映像作品及びその製作に貢献した者を顕彰します。

撮影賞、照明賞、録音賞、美術賞、編集賞(技術部門)
受賞対象:映画製作の現場を支える種々の技術者
選考方法:「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」で上映可能な第3回日本映画人気投票上位10作品の実写映画をノミネートとし、各賞、映画製作において功績のある映画技術スタッフ等で構成する選考委員会で討議の上、受賞者を決定する。
ノミネート作品:『Fukushima 50』、『記憶にございません!』、『楽園』、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』、『蜜蜂と遠雷』、『カツベン!』、『水曜日が消えた』、『今日から俺は!!劇場版』、『惡の華』、『男はつらいよ お帰り 寅さん』

選考委員
○ 撮影賞 稲垣涌三、清水良雄、新井 滋
○ 照明賞 西野哲雄、中須岳士、長嶋建人
○ 録音賞 志満順一、小野寺修、中村 淳、尾崎 聡
○ 美術賞 竹内公一、安藤 篤、岩城南海子
○ 編集賞 宮澤誠一、村本 勝、川島章正

作品賞
日本映画人気投票最上位作品とする。

功労賞
受賞対象:調布市の映画文化、芸術、産業の振興に多大なる貢献と顕著な実績を残した者
選考方法:調布市内の映画・映像企業等で構成する選考委員会で討議の上、受賞者を決定する。

その他の映画のまち調布賞

上映会×トークショー

「映画のまち調布賞」受賞作品及び市民投票による上位作品を「映画のまち調布 シネマフェスティバル」で上映します。上映する作品には、関連した技術者やゲストによるトークショー付きです。

展示

市内映画・映像企業とのコラボレーション企画です。
映画制作に使用された美術道具や、資料等といった映画・映像関連の展示を行います。

ワークショップ

市内映画・映像企業とのコラボレーション企画です。
映画制作に使用された美術道具や、資料等といった映画・映像関連の展示を行います。

お問合わせ
contact

公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
文化・コミュニティ事業課 文化事業係

042-441-6150(休館日を除く8:30〜21:30)

042-441-6160

bunka@chofu-culture-community.org