『浅田家!』(2020/127分/DCP)

©2020「浅田家!」製作委員会

【監督・出演者等】

 監督:中野量太 脚本:中野量太、菅野友恵

 出演:二宮和也 妻夫木聡 黒木華 菅田将暉 風吹ジュン
    平田満 渡辺真起子 北村有起哉 野波麻帆

 撮影:山崎裕典 照明:谷本幸治 録音:久連石由文  
 美術:黒川通利  編集:上野聡一

 配給:東宝  2020年/127分

【ストーリー】
幼いころ写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権…。様々なシチュエーションを設定してはコスプレし、その姿を撮影したユニークな家族写真が、権威ある賞を受賞する。受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる――。

【トークゲスト】

中野量太(監督)

1973年7月27日生まれ。京都育ち。
大学卒業後、日本映画学校に入学し3年間映画作りの面白さに浸る。
2008年、文化庁若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)に選出され、35ミリフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が、高い評価を得る。
2012年、自主長編映画『チチを撮りに』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞、ベルリン国際映画祭を皮切りに各国の映画祭に招待され、国内外で14の賞に輝く。
2016年、商業デビュー作となる『湯を沸かすほどの熱い愛』が、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞など6部門受賞、国内映画賞で35の賞に輝き、米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表に選ばれる。
2019年、初の原作モノとなる『長いお別れ』を、5月に公開、ロングランヒットに。
2020年、最新作『浅田家!』が、日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞など8部門受賞。
独自の感性と視点で、家族を描き続けている。

上野聡一(編集)

1969年広島市出身。映画研究会で映画作りの楽しさを知り、KYOTO映画塾に入校。卒業後上京し、阿部亙英氏に師事。フリーの編集助手の活動をはじめる。

主な作品:『ジョゼと虎と魚たち』、『ピンポン』、『アイデン&ティティ』、『眉山』、『クワイエットルームにようこそ』、『ザ・マジックアワー』、『のぼうの城』、『天地明察』

【上映情報】

上映日時2022年3月6日(日)10:30~   
会  場調布市文化文化会館たづくり くすのきホール
料  金全席指定 前売券500円 当日券800円
発 売 日2022年1月21日(金)
※アートプラス会員先行発売日:1月19日(水)
プレイガイドチケットCHOFU TEL042-481-7222 HP受付はこちら(※要会員登録)
チケットぴあ  TEL0570-02-9999【Pコード551-887】
そ の 他・日本語字幕あり
・音声ガイド(イヤフォン付FMラジオ)対応
・HELLO! MOVIE対応

その他の上映作品

お問合わせ
contact

公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
文化・コミュニティ事業課 文化事業係

042-441-6150(休館日を除く8:30〜21:30)

042-441-6160

bunka@chofu-culture-community.org